YOUKYOUコラム 小麦さん

きっと想いは伝わる

2回目の登場、小麦です。

わたしは養護教諭ではなく、小学校で特別支援学級の担任をしています。

特別支援学級の子どもたちはかわいい!けれど、お家の方は いろいろな思いをお持ちで。

学期末の保護者会(二者面談)は、30分枠があっても足らず、1時間、1時間半になることも。

3月は、今年度 最後の保護者会がありました。

話をしていて、「わー、勉強不足だわたし」って思うことがよくあります。

障害のこと、進路のこと、就職のこと… 学校生活での課題を話すのにも、説得力がない…

特に、進路については重要なので、主任の先生にお願いして同席してもらうこともあります。

主任の話を聞いていると、わたしも勉強になるし、お母さんも道標ができたように

もやもやしていたものが 少しすっきりして帰られる…

「わたしもそんな知識と経験があれば!!」とよく思っています。

子どもも産んだことないし、子育てもしたことないから、気持ちに寄り添えていない。

「絶対ベテランの先生が担任の方が、お家の人は安心だろうな」とも思っていました。

でも、学期末になると

「来年も小麦先生がいいです。子どもにとっても、わたしにとっても。」

「2年間お世話になりました。3年目もお願いしたいです。」

「小麦先生には いろいろ細かいところまで配慮していただきました。ありがとうございました。」

「先生のおかげで、無事に卒業させることができました。」

と、保護者の方々からお礼を言っていただけることが多いことに気づきました。

特に、「来年も」という言葉は信頼させている証なのかな、と嬉しくなります。

わたしと同じように、悩まれている方、悩まれたことのある方は是非 こちらのブログを読んでみてください。

きっと、想いは伝わっていると思います。

【2017/10/21オフィシャルブログ「大丈夫、あなたの想いは伝わってるよ♡ 」】

 

2018年3月31日

2018-03-30 | Posted in YOUKYOUコラム 小麦さんComments Closed 

関連記事