YOUKYOUコラム おかゆさん

見方を変えたら味方になる

こんにちは、おかゆです。

今日も、職場でのできごとを。

 

一部の保護者からあまり評判が良くない先生がいます。

私もその人の良さがわかりませんでした。いつも大丈夫大丈夫って言って、会議の提案の時もまとまってなくて何言ってるか分からない。

授業も雑談ばかりらしい。急に仕事も休む。コアなファンがいるが、ごく一部。

でも、復帰してから見方が変わった。

私が質問すると嫌な顔もせず、答えてくれる。私のお願いにもええよ!って乗ってくれる。頼んだことをやる時もぜーんぜん、嫌な顔しない。

いつも明るい。あの先生みたいになりたいって言ってる生徒も見つけた。

ふと気になって、その先生になぜいつもそんなに明るいのか、元気なのかきいてみた。

私だったら、色んなところで批判されてると思ったら、ずっと明るい顔できないなぁ。と思ったから。

すると、その先生は、すんなりと教えてくれた。

自分が暗ければ、子どもも暗くなる。自分が色々やれば、子どもがやらなくなる。分かっているけど、やらないのだ。と。

確かにその先生のクラスは自立してる子が多い。そういう子が集まったのか、それとも育ったのか。どちらかは分からないけど。

まだまだ細かいことをその人に言いたくなる気持ちもあるけれど、その人がそのように振る舞う理由が知れたら、色々なことが繋がって納得できた。

そして、その先生のことが好きになった。

 

子育ても教育も本人が失敗したり、自分でやることで学ぶのだと思う。私も色んなところで失敗させてもらってる。

やらせてもらえる、任せてもらえる、チャレンジさせてもらえるってありがたいことだなぁと思う。

 

柏木さんのブログにもこんなことが書いてあります。

 

“失敗”は確かに怖いけれど、“失敗”しない人生の方が怖い。

だってそれは、人生において何にも挑戦していない、ということだから。

そして、数々の“失敗”を経験していることが、何よりも私の自信に繋がっている。

【2017/10/29 オフィシャルブログ「“失敗”は「何」を失い「何」に敗れるのか?」】

 

私は失敗でできてる気がする。

そして、このコラムを書かせてもらえてることも。文章書くのが苦手なのにとても楽しい。このコラムがあるから、日々を振り返られてる気がする。

ありがとうございます。

 

2018年4月18日

2018-04-18 | Posted in YOUKYOUコラム おかゆさんComments Closed 

関連記事