YOUKYOUコラム 小麦さん

先生あるある?体調編

こんにちは、小麦です。

先日、4月のYOUKYOUカフェ@東京に参加してきました。

ぱちこさんのブログに度々登場していた方や、同じように講師として頑張っている方にお会いでき、

とても充実した時間を過ごせました。

 

充実した時間といえば…

学校の先生って、本当に毎日が充実していると思います!

仕事なんだけど、仕事って感じがあんまりしないというか。毎日を子どもたちと過ごせるって楽しいですよね。

ただ、その充実感によって、自分からのサインに気付かない…

体調不良になってから、「あ、疲れてたのか!!」と知る。

これって先生あるあるではないでしょうか。

仮に、「わたし疲れてるよ〜」のサインに気付けていたとしても…

*これが終わってないから帰れない。

*他の先生はもっと忙しいのに、わたしだけ弱音は吐けない。

*頭痛薬を飲めば、楽になるから大丈夫!

*ちょっとくらいお腹が痛くても、そのうち治るでしょ。

なんて思ってしまって、サインに気付きかけたのに、自分で抹消してしまう。

で、その結果、小麦は、運動会を土曜日に控えている週に、2日もお休みをしました。

でも、仕事を休むことにも、ハードルが。

そもそも、体調不良で仕事を休むという思考がないので、

いつもなら家を出発する時刻の、5分前まで悩み続けました。なんなら、その時刻を過ぎても、悩み続けました。

薬を飲んで熱が下がるなら、行きたい。午前だけ頑張って早退しようかな。

でも、熱は下がりませんでした。

さすがに38度台の人が、子どもと接したら迷惑です。わたしが出勤したことにより、子どもにうつり、

子どもが運動会に出られなくなったら、謝りようがない。

そう考えて、やっとやっと、欠勤の連絡をしたのでした。

みなさんも、こんな経験ありませんか?

担任も、養護教諭も、「わたしがいないとみんなが困る」という思い。

「どんなときも、わたしが子どもを見たい。わたしが責任を持つんだ。」という強い意思。

いろんな気持ちをもって仕事をしているからこそ、休むという選択肢は、最終手段となるのです。

わたしは、4年間働いてきて、欠勤は1年に1回あるかないか。

社会人として、皆勤って、当たり前ですよね。欠勤=マイナスポイント みたいに思ってました。

インフルエンザの時期に発熱があったときは、仕事を休みたくなくて、親の前で泣いたこともありました。

(結局インフルではなかったのですが。笑)

でも、これを機に、「わたし疲れてるよ〜」のサインに敏感になろうと決めました。

サインが分からなくても、この時期は疲れやすいとか、なんとなく体調が良くないとか、

今年も湿疹出てきたなとか、最近薬よく飲んでるなとか。

(小麦は、5月に入って ほぼ毎日 頭痛薬を飲んで過ごしていました)

ひとつひとつを、自分データにして、うまく付き合っていく。

自分よりタフな人はたくさんいるし、自分より息抜きが上手な人もいっぱいいる。

大事なことは、その人たちに近づこうと、無理し続けることではなく、自分のペースを知って対応していくこと。

やる気があって、熱量が上がっているときこそ、要注意なんですね。(笑)

そんなことを今回の欠勤で学んだのでした。

仕事を休んでしまったことは、嬉しくないけれど、自分データが増えたから。

このことをいいことに変える自信はあります。

ちょっと主旨は違いますが、ぱちこさんのブログでも。

【オフィシャルブログ2018/1/22「頑張る方向を間違えるとしんどいよね。」】

今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2018年5月24日

2018-05-24 | Posted in YOUKYOUコラム 小麦さんComments Closed 

関連記事