「どうせ無理」で諦めない♩

こんにちは、小麦です。

紅葉が少しずつ始まってきて 空気も澄んでいて…わたしの大好きな季節がやってきています。

 

小麦は、もうすぐ 修学旅行の引率があります。

初めての引率で、不安なこと、心配なことは色々あるのですが…

わたしがもっと心配しているのは、学校に残る子どもたちです。

わたしは、特別支援学級の担任なので、担任している子どもたちの学年がバラバラです。

今回は、3名の子どもたちをおいて行くことになります。

 

大抵、こういう場合は、同僚の特別支援学級の先生方に、残る子どもたちの対応をお願いします。

しかし、これまで学校に残る立場になることが多かったわたし。

った先生方の大変さが身にしみて分かります。

 

残った方からすれば、単純に、授業を受ける児童の数が増えるだけではないのです。

学級が違っても、特別支援学級に在籍している子であれば、トイレの介助もするし、
けんかをすれば仲裁するし、教室から飛び出せば追いかけなければなりません。

そんな状況のなかで、先生が一人減るというのは、大きなことなのです。

 

それでも、引率者の補欠は入りません。

特別支援学級に役職の先生が入ったり、空き時間の先生が来たりしたことはありません。

引率だけでなく、体調不良でお休みの場合も。

毎回、自分たちで何とかしなければなりませんでした。

 

今回、わたしが引率者になったことで、残りの子どもたちをお願いしなければならない。

わたしが経験してきた大変さを、これまで通りに放置するわけにはいきませんでした。

 

そこで、役職の先生に掛け合ってみました。

「うーん、人がいないから…」と言われました。

それでも引き下がれませんでした。

「とりあえず補欠の用紙 書いておいて」と言われました。

 

何が大変なのか、何を見てほしいのか、何を配慮してもらいたいのか、事細かに書いて提出しました。

「どうせ無理」かもしれないけれど、とりあえず アピールしたつもりです。

 

翌日、机の上には2日分の補欠の担当者が書かれた紙が置かれていました。

 

初の快挙です。

 

役職の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また今回初めて入ってもらうことで、特別支援学級の先生方の日々の努力を知ってもらえるはずです。

今後も必要だね、と言ってもらえれば本望です。

 

修学旅行では、お土産をたくさん買ってくるしかないですね(笑)

 

今回は、身近な「どうせ無理」のお話をしました。

みなさんは、困っていること、大変なことを周りの人に相談できていますか?

 

わたしは苦手だったので、今回を機に、もっともっと相談していきたいと思いました。

長くなりましたが、今回もお付き合いいただきありがとうございました。

2018-11-12 | Posted in YOUKYOUコラム 小麦さんComments Closed 

関連記事