YOUKYOUコラム 事務局

私はスーパーマンじゃない

こんにちは、事務局の相田です。

前回前々回と自分の“ダメダメ”の分析をして、早くも1週間が経ちました。

その後の私はどうなったかというと、ネガティブMAXな状態は脱しましたが、

小ネガティブと小ポジティブを行ったり来たりしています。ココロの梅雨前線、停滞中です。

 

そんな中、昨日夕飯の買い物に行く道すがら、SMAPの曲を聞いていました。

(特別詳しい訳じゃないけど、ベスト盤がiPodに入っている程度にSMAPは好きで、
学生時代は好きな人のいるバイト先に行くときに「SHAKE」とか聞いてたなぁ…というのは、恥ずかしいから秘密です。)

それで何の気なしに「たいせつ」という曲を聞いていたのですが、途中の歌詞に胸が詰まりそうになりました。

この曲、すごくポップで、恋愛絶頂期もしくは初期のウキウキハッピー☆な気持ちを歌った曲なのですが、

2番のサビで、「君とならうまくやれそうな気がする」と歌ったあと、続けて

「みんなひとりで不安だから、大切な何かを見つけて愛するんだ、それが支えになるんだ」と歌っています。

(※「」内は個人的な解釈で、歌詞をそのまま載せたものではありません。)

 

これまでにも書いてきましたが、私はゼロ百思考(完璧主義)で、最近は完璧じゃない自分もちゃんと認めて、

“自分で自分を満たす”ことができるように気をつけているのですが、いつの間にか、

 

“自分で自分を満たす”=誰の支えも必要としないこと

 

と考えるようになってしまっていました(そんなこと無理なのに)。

でも、この歌詞を聞いて、“自分で自分を満たす”ことと、誰かと支え合って生きることは

矛盾しないんだな、と思うことができました。

 

この歌の最後は「ひとはスーパーマンじゃないけど、たいせつなものを守り抜ける」という内容の歌詞で

終わるのですが、本当にそうですね。

“自分で自分を満たす”ことは、たしかに大事。自分で自分を満たせずに誰かに頼ってばかりだと、

自分の思い通りのことをしてくれないその誰かを責めたり、勝手に傷ついたりしてしまう。

でも、自分で自分を満たせたところで、私は完璧超人のスーパーマンじゃない。

欠けたところもあるから、誰かに助けてもらうこともある。

逆に、みんなそれぞれに欠けているところが違うから、私が誰かを助けることもできる。

そんなふうに考えたらいいんだな。

 

…なんてことを考えました。

(ちょっと内容が似ているので、ブログのリンクも貼っておきます↓)
【2017/11/12 オフィシャルブログ「弱さを認めることは弱いことではないよ。」】

 

2018年6月16日

2018-06-16 | Posted in YOUKYOUコラム 事務局Comments Closed 

関連記事