YOUKYOUコラム

良い循環

みなさん、こんにちは。1月も後半になってきました。
3学期は短い期間の中に小さな行事や受験や卒業式に向けての準備、と学校現場は相変わらずバタバタしています。
その中で、風邪やインフルエンザの流行です。養護教諭の私は、毎日、風邪やインフルエンザと思われる生徒たちと接しながら、怪我の生徒たちの応急手当もして、慌ただしい日々です。
今年も風邪やインフルエンザを学校では流行らせないぞ!そして、自分は風邪をもらわないぞ!と気合を入れて日々働いています。

しかし、先日朝起きたら、喉と頭が痛み、体のだるさで布団から起き上がれませんでした。しばらく様子をみてもしんどくて、この状態で電車通勤して、通常の勤務をするのは無理だ。休もう!と決断しました。養教の私が風邪引いて休むと言うのが悔しかったけど、しんどい時は仕方ないと思えました。

管理職へ電話して事情を伝えると、インフルエンザ等ではないかと心配されました。確かに可能性はあります。でも、熱はないので様子を見ながら休むことを報告しました。快く、返事をしてくださり、自宅でゴロゴロしました。すると、また学校から電話が!

忘れてのですが、教室の空気検査をするために学校薬剤師さんが来校する日だったのです。(学校薬剤師さんは一年を通して、学校の環境衛生検査のために、来校されます。冬場は教室を締め切ることが多いので、二酸化炭素などの濃度を測ります。)

職場の方に謝罪して、検査場所を伝えると、対応してくれました。

そして、私は夕方になると、発熱もなく、頭痛もだるさもなくなって元気になっていたのです。ただの疲れかなぁ。と思い、他の人はもっと残業してるのになぁ。とか申し訳なくもなりました。明日、元気に出勤したら、仮病って思われるんじゃないか。などと考えました。

翌日、出勤すると「インフルエンザでなくてよかったねぇ。」と言ってもらえ、昨日の欠勤で迷惑をかけたのに心配してもらえました。

私は失敗ばかりです。でも、周りの方に支えられて、毎日働けてるんだなぁ。とつくづく思い、よし!昨日休んだ分、今日も頑張ろう。と感謝して仕事に取り組むことができました。

 

柏木さんも言うていますね。
2019年1月5日「おかげさま」の気持ちを忘れない 

 自分自身が働いていることにも必ず意味があって。
 必ず誰かの役に立っていて。と。

 

休むには、少し勇気がいりました。そして、休んだ私の代わりに誰かがやってくれたから、私は休めたのだ。と気づくことがてきました。

周りに感謝して、頂いた優しさを周りに使おうと思えました。これが、優しさの好循環となるのかな。と思いました。子どもたちにも厳しくも優しい養教でいたいなぁ。と思いながら、日々過ごしていこうと思います。やっぱり、自分を満たすことで、周りにも優しくなれるんですね。

では、また次回のYOUKYOUCAFEを楽しみに、日々のお仕事やプライベートを楽しみたいと思います。

 

支えてくれてる皆様、最後までコラムを読んでくれた方、ありがとーごぜーます。

 

2019年1月29日

2019-01-29 | Posted in YOUKYOUコラムComments Closed 

関連記事