YOUKYOUコラム

その言葉は誰の声?

こんにちは、小麦です。

みなさん卒業式や年度末のお仕事、本当におつかれさまです。

先日、担任していた6年生3人が無事に卒業しました。今はひとまずほっとしています。

 

今年度、特別支援学級といえど、初めて6年生を担任させていただきました。

「初めての卒業式は一生忘れない」と先輩方がおっしゃっていたので、

きっとわたしの心にも残っていくんだろうなあ…と思います。

 

わたしにとって、この1年は苦しいものでした。

・前年度に担任された先生がとっても素敵な方で、保護者も子どもも同僚からも信頼が厚い

・前任(4月まで)の先生も、保護者対応が上手(わたしが産休代替の臨任になったため)

・わたしにとっては初めての高学年。心も育ってきていて、純粋なところと、思春期ぽいところがあり、上手な接し方が分からない

・学習は一生懸命やる子たちだけれど、どんな学習が「楽しい」と感じているのか分からない

こんな思いが1年間続きました。

 

でも、終わってみて、よく思い出してみると、保護者とトラブルになったこともないし、

勉強がつまらないと言われたこともありませんでした。

前年度担任された先生から「来年度はこの子たちを小麦先生に託したい」と推薦していただいていたのでした。

 

誰からも「あなたじゃだめ」「あなたは頼りない」「前の先生がよかった」とはっきり言われたことはありませんでした。

誰かから言われる代わりに、自分が自分に言っていたのかもしれません。

「わたしじゃだめ」「わたしは頼りない」「前の先生の方がよかったに決まってる」。

もちろん、まわりの言動から察したこともあるだろうけれど、

必要以上に周りを気にして、どんどん落ち込み、自信を失くしていく自分がいました。

卒業式を終え、少し落ち着いて考えてみると、

「そんなに気にしなくてよかったのでは?」と自分にも言えるけれど、

渦中にいるときは、どんなに温かい言葉をかけてもらっても、気付けませんでした。

前回のYOUKYOUカフェ@東京 【 ブログリンク『苦しいときは「苦しい」。』】で参加者の方が言ってくださったように、

この経験を生かして、今度は誰かを救えるといいな、と思います。

 

担任した子たちが、笑顔で卒業してくれてよかったです。

ほかの支援級の子を含めた5名にひとりずつ言葉をかけたあと、

「あんなに練習を真剣にやり、

あんなに立派な返事をし、

しっかりと前を向いて、

大勢の人の前を歩けたみんなだから、

中学校も 絶対大丈夫。

自信をもって前へ進んでね。」

と話をしました。

本当に大丈夫だと思ったから。

大人から「大丈夫」って言われると、少しは安心できると思うから。

そして、わたしも「小麦先生は大丈夫だよ」って言ってもらいたかったから。

 

勝手に誰かの声を代弁して、自分を傷つけるという、なんともかわいそうなことをしていたわたし。

なければいいけれど、そんな経験がもしもある方がいるならば、

話をしっかり聞いてあげたいし、力になれたらなあと思います。

YOUKYOUカフェにもぜひいらっしゃってください。

 

2019年3月23日

2019-03-23 | Posted in YOUKYOUコラムComments Closed 

関連記事