陸上競技との出会い。

こんにちは。事務局の佐藤です。

今日のコラムは、前回のコラム「趣味ってなんだろう。」の続きです。

 

私は、小さい頃から走ることが得意で、リレーや徒競走で誰かに負けるとすごく悔しがりました。

男女問わず、私より足の速い子がいると心底羨ましい・・・と感じていました。

 

転機は小学校3年生のとき。

担任の先生から「市内の陸上大会に出てみたら?」と言われました。

出てみたい!と思った私はすぐさま両親に伝えると、

「予選落ちに決まってるんだからやめなさい」と言われました。(ひ、ひどい・・・)

でも、たとえ予選落ちするとしても、自分の実力を試してみたいと思った私。

私より足の速い子がどのくらいいるのか興味があったのです。

何とか親を説得し、試合に出ることになりました。

 

当日、私は80m走に出場。

まずは予選。

レース内容はあまり覚えていないのだけど、組で1位を取り、決勝へ。

 

そして、決勝。

ピストルの音がなる。

勢いよく飛び出たつもりだったが、周りよりちょっと遅れをとっていた。

気持ちは焦りながらも、とにかく前へ前へ進もうとがむしゃらに走った。

 

60m付近でトップになった。

「わっ!わたし、1位になれる…!!」

 

気が付いたら、トップでゴールテープを切っていました。

 

 

そして、トップでゴールをした私を待っていたのは、周りからの称賛の嵐でした。

 

いつも「上には上がいる」と言われて育った幼い私は、

その時初めて、1番になることへの快感と、

「走る」ということが、私の存在価値を高めるものなんだと思ってしまいます。

 

1番になりたい。

1番になって目立ちたい。

1番になって自分の存在価値を示したい。

 

確かに、この気持ちが陸上競技を長く続ける原動力になりました。

しかし、同時に自分を見失うことにも繋がっていきます。

 

 

ただ1つ言えるのは、

陸上競技を通じて得た経験や出会いは、間違いなく今の私をつくっているということ。

陸上競技にたくさんの時間と情熱をかけられたからこそ、

今の自分の生活があると思えば、陸上競技には感謝しかありません。

 

中途半端ですが、次回のコラムに続く・・・

 

2019年4月30日

2019-04-30 | Posted in YOUKYOUコラムComments Closed 

関連記事