脱 保身

あんこです。

コロナ対策の休校が始まって
もう早3週間経ちました。

年度末ということで仕事はあるものの
比較的のんびりと働いています。

ただ、コロナ休校が始まってから
何故かモヤモヤとしたものが
どんどん溜まっていくのを感じました。

せっかく余裕があるんやし、
自分と向き合う時間は十分ありました。

けれどわたしは
まぁ、いっか。時間はあるし。
なーんて、気がつけばゲームにハマる日々。

けど、心の奥底では
苦しいよーー嫌だよーって叫んでる。

爆発する段階になってようやく
向き合う気持ちになれました。

そこで、
出来ない、ダメな自分、
分からないことばかりの自分が嫌だった。
周りに自分を認めて欲しくて
できるフリをしたり、わかってるフリばかりしていた。
本当に苦しかったんやなぁ、と気がつけました。

おそらく前任校での経験や思い出が
ずっと自分の中にあって、
それにすがっていたんだと思います。

ちょうど、ブログにも書かれていました^^

続・「前例」との付き合い方。
https://ameblo.jp/pachipiyo-yokyocafe/entry-12583559740.html

 

「前例」が勇気をくれる場合もあるけれど、
「前例」にとらわれて一歩踏み出せない時もある。

そんなことを記事にしたのでした。

「あの生徒の時はこう対応したら上手くいったから…」
「前回の時はこの手順だったから…」
「前の勤務校ではああやってたし」
「前の養護教諭がそうしてたから」

そういうのは少し厳しめかもしれませんが、
「過去の栄光」にとらわれてしまっているのかもしれません。

それは目の前の子どもを見ているのではなく、
自分の保身のための行動になっているのかもしれません。

「前にこんなこと言って叱られたことがあるから…」
「昔、こんなことをしたときに失敗したから…」
「○○って伝えたら嫌われてしまったことあるし…」

一方、こういう「前例」はあくまで「前例」なのに、
それが今の自分の成長を妨げてしまっているのだとしたら。

ここを乗り越えることが今の自分の課題なのかもしれません。

いつでも「今ここに在るもの」に目を向ける。
「今」の自分に素直になる。
「今」の自分を大事にする。

そんな姿勢が、

「今」の相手を大事にすること、
「今」の関係を大事にすること、
「今ここの瞬間」を積み重ねていくことになるのだと思います。

 

本当にその通りだと思います。
自分を守ることに必死で
今を大事に出来ていなかったんですよね。

遅いかもしれませんが
気がつくことができて
本当によかった。

そして、もう一つ。
私が好きな自分は飾らない、素直な私。
そんな自分でいると自然と
いろんなことに気がつけたり、
学ぶ意欲も湧いてくるんですよね。
今を大切にして好きな自分でいよう。

そのために
自分と向き合うこと、そして
自分を笑顔にすることを
もっと大切にしようと思います^^

 

2020年3月22日

2020-03-22 | Posted in YOUKYOUコラムComments Closed 

関連記事