退職しました!

Jun 8, 2020

こんにちは、小麦です。とっても久しぶりになってしまいました。ごめんなさい。コラムとはいえませんが、わたしの近況報告をさせてください。

教員採用試験を初めて受験しなかった2019年は、受験はせずに、講師を続けるか、それとも辞めるのか。迷い続けた年でもありました。

結果として、わたしは退職を選びました。正直に言うと、決め手となった理由は、はっきりとはありませんでした。
一言で表すなら、「いろいろと考えた結果」です。

自分の時間を作りたい、立ち止まって考えたい、採用試験に本気を出せないのは他に本気になりたいものがあるからかも、そういう思いは数年前からありました。

学校が嫌いだとか、特別支援教育に興味がなくなったとか、そういう思いは一切ありません。おこがましいですが、「残って欲しい」と説得され、受けようとする夢を見たくらいです。

2019年の夏頃には「この子たちにわたしができることは精一杯やった。だから後悔はない。」という思いが出てきました。子どもたちのためになっていたかどうかは分からないけれど、わたしは力を出し切った、と感じたのです。それが退職への最後の一押しだったように思います。

残りの時間を大切に、と思った3学期は、あっという間に終わりました。退任式もなく、お別れはできませんでした。ふわっとしたまま終わった令和元年度。ふわっと退職して、ふわっとした日々を過ごしました。

(卒業式は、職員と6年児童でやりました。昨年度も一昨年度にYOUKYOUマルシェで買ったヘッドドレスを使いました!かわいくておすすめです。)

今でも子どもたちがよく夢に出てきます。元気にしてるかなあ、こんなことで困ってないかな、って、もう何もできないのに勝手に心配しています。(笑)

ふわっと退職してしばらく専業主婦でいるつもりでしたが、話がトントン進み、4月6日には新しい職場にいました。

以前から興味のあった、外国にルーツのある子どもに日本語を教える仕事です。未経験の分野ですが、やっぱり「子ども」「教育」から、わたしは離れたくないようです。小学校に出向いて、取り出し授業で日本語学習もします。自治体が異なるので、お世話になった学校で授業をする機会はないですが、今後も「学校」と関われるのが嬉しいです。

特別支援教育の経験も生かせたらいいな、と思っています。

コラムでもなんでもなくなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございます。

「特別支援学級担任」という肩書がなくなってしまったわたしですが、また自分のタイミングでYOUKYOUカフェにも参加できたらなあと思っています。

2020-06-08 | Posted in YOUKYOUコラムComments Closed 

関連記事