暖かい世界

Jul 10, 2020

みなさん、こんにちは。
中学校の養護教諭おかゆです。
ただいま育休中ですが、8月から復帰です。
残り1ヶ月を切った休業期間を満喫しております。

せっかくこのようなコラムを書かせていただける機会があるのに、発信できずもったいない事をしていると気づきました。ようやくやる気になりました。
マメな更新ができるように、時間を見つけていきます!

さて、私はこの冬にとあるカウンセリング講座を受けました。
この講座を受けた後、50人モニターに挑戦すると、少しだけレベルアップするテストが受けられます。
講座を受けた直後、やる気満々で育休中に50人の方にお話を聞こうと思いました。しかし、「こんな講座を受けました。どなたかモニターになってもらえませんか?」ってなかなか言い出せませんでした。


その理由は、
断られるんじゃないか。
誰もやりたいと言わないんじゃないか。
なんでそんなにお金を払って講座を受けたのって思われるんじゃないか。
そんな時間が私にはないよ。
モニターやっても意味ないんじゃないか。
誰かと会うのに、移動が大変だなぁ。
子どもがいるのに人の話を聞けるのかなぁ。
などなど。


たくさんの出来なさそうな理由を頭の中で作っては、もじもじしていました。


でも、本当はやってみたかったんです。


それで、たまたま友人と2人きりになった時に聞いてみました。
「こんな講座を受けたのだけど、モニターに今からなってくれない?」って。

そしたら、喜んで返事をしてくれて、さっそく話を聞かせてくれたのです。
そこで友人はいっぱい話して泣いてました。やっぱり人は話すことで癒されるし、話を聞いて欲しいんだなぁと感じました。

その後もなかなか進まなかったのですが、少しずつ会った人に声をかけられるようになりました。


コロナの影響でオンラインでもやってみようという気持ちになり、SNSで友人に向けて投稿してみました。すると、みんな予定が白紙になったのもあって、たくさんの方が手を挙げてくれました。
不謹慎かもしれませんが、本当にコロナに感謝してます。


話を聞かせてもらった友人がお知り合いを紹介してくれたりして、現在、43人まで来ました。
そして、7月中頃で50人まで予定が埋まりました。


さらに発見したことがあります。私は人の話を聴くのが好きだということ。そして、聴いた人のことは好きになっちゃって、もっと知りたくなるということ。

これって、養護教諭とか、対人援助職に向いてるってことかしらー。
私はちゃんと向いてる仕事についてるんだわー。と思えるようになったのでした。自己肯定感まで上がってます。


やってみたいな。でもなぁ。ともじもじしていた頃には想像もできなかった展開です。
私は自分の頭の中で理由を作って動けていなかったけれど、動いてみたら、全く違う世界が待っていました。
私のお金の使い方に文句をいう人はいなかったし、むしろ興味を持って聴いてくれました。挑戦する前に想像してた世界はとても怖いものだったけど、実際はとても暖かかった。これは、体験してみないと分からないことでした。


失敗したって良い。ってわかってるけど、一歩が踏み出せないことっていっぱいあります。
今回のことでやってみたら世界は開けるよって自分に言えるようになった気がします。私の周りには優しい仲間たちがいるよって。あなたはどんな怖い人を想像してたんだいって。ツッコミを入れてやりたいです。


そして、安心して挑戦している大人や挑戦している人を応援できる大人がいっぱいいたら、子どもたちも伸び伸びとやりたいことができるのかなぁと思います。

学校でも子どもたちの挑戦を見守りたいなぁ。

2020-07-10 | Posted in YOUKYOUコラムComments Closed 

関連記事